Message

田中節三(たなか・せつぞう)

1949年、岡山県生まれ。当社代表取締役最高技術責任者兼農業法人株式会社「D&Tファーム」取締役技術責任者。年商7000億円規模の船舶製造運行事業等で成功を収める傍ら植物栽培が趣味であったことから、バナナの栽培法を研究。40年以上という歳月をかけて「凍結解凍覚醒法」を開発し、冬は氷点下を記録する岡山県で、日本産バナナを露地栽培することに初めて成功。その技術が、国内外から大きな注目を集めている。

植物本来の力が覚醒される「凍結解凍覚醒法」で、
日本から世界へ農業革命を巻き起こし、
人口増加による食料問題の解決に貢献します。

凍結解凍覚醒法の誇れる点は、当初の私の目論見通り、植物本来の順応性が覚醒され、熱帯作物を温帯作物の性質に変えられた点と、もう一つ、成長速度が極めて速くなった点にあります。後者については、研究を続けるなかで判明した嬉しい誤算でした。凍結解凍ストレスによって、凍結植物の遺伝子情報伝達物質(RNA)の生成量が通常の37倍に増加し、それが生育速度に反映されるのです。

また、果樹は一般的に、病害虫の被害を受けやすいものですが、我々が生産している作物に農薬は一切使っておりません。細胞分裂の活性化にともない、植物全体の活力が増していき、根腐れやハダニへの耐性が高まるので、完全無農薬栽培が可能になりました。日本で熱帯の作物をつくるなど、自然の摂理に逆らっているように思われるかもしれませんが、以上の特徴の通り、凍結解凍覚醒法は、植物本来の力で寒さや病気などのリスクを克服できるようにサポートする技術です。従来の交配による品種改良や、遺伝子組み替えよりも自然に根ざした方法であると、私は思います。

熱帯作物の栽培を通じて、私は日本の農業を元気にしたいと考えています。日本の農業は今、就農者の高齢化、耕作放棄地の増加、農薬の問題など多くの課題を抱えていますが、熱帯作物栽培の普及により、これらを一体的に解決できるのではないかと考えております。

今は日本の農業活性化を最優先に掲げていますが、その先に見据えているのは世界の未来です。現在、世界の人口は70億人を突破しており、さらなる増加が予想されています。そこで必然的に生じる食料問題の解決に、凍結解凍覚醒法がきっと役立つ筈です。気候帯を問わず、それぞれの地域に順応する性質を引き出せれば、凍結解凍覚醒農法の生産性で人々を食料難から救うことができる筈です。

<取得済み特許>
植物の健康診断システム 特許第6307680号
植物の特性を増強する方法 特許第6300215号

<受賞歴>
2017年5月:日本経済新聞社主催「AG/SUM(アグリテック・サミット)2018」最高賞《SMBC賞》を受賞
2018年2月:岡山イノベーションコンテスト 大賞受賞
2018年5月:中国地域ニュービジネス大賞表彰制度 優秀賞受賞

<所属先>
北九州市小倉南区富士見1-810-1
AGREVO BIO 株式会社 代表取締役兼最高技術責任者

岡山市南区西高崎81-22
農業法人株式会社 D&Tファーム 取締役 技術責任者

岡山県岡山市北区津島中1-1-1
岡山大学D&Tファーム田中研究室 室長

広島県福山市引野町南1-17-32
一般財団法人 ASCO 代表理事

中華人民共和国 大連市中山区同興街25号世界貿易センター内
紅果農業科技発展集団 首席技術責任者