AGREVO BIO株式会社の企業理念

AGREVO BIOは、

ナノ粒子機能性農法(NPF農法)に基づく耐寒性植物の研究・開発・生産・販売を通じて、

世界の農業に貢献し、人類の食糧問題・地球環境問題の解決を目指しています。

 

AGREVO BIOのグローバル☆ビジョン

♦有機農法を超えるNPF農法により、グローバルなニーズにこたえる高機能作物を安定的に供給。

2030年5兆円輸出目標に貢献。

♦免疫力強化による予防医療の実現により医療費削減に貢献「食を正せば病は治る」                   

残留農薬ゼロを目指し、自然由来のミネラルやカルシウムを活用した循環型社会に貢献。

 

AGREVO BIOのグローバル☆ミッション

予防医学の視点から見る食品の機能について現在、この食品の機能は3つに分類されています。

第一次機能として「栄養」に係わる機能

第二次機能として「嗜好」いわゆる美味しさに関する機能

第三次機能として「生体調節」をする機能

この第三次機能が最近多く取り上げられている食品の機能性です。

NPF農法では、食品の機能性とバランスを重視、高機能な作物づくりを実現し、農食権を一体的に考える農業を目指します。