1. HOME
  2. 凍結解凍覚醒技術
  3. 特許証「特願2017- 88327」

TECHNOLOGY

凍結解凍覚醒技術

凍結解凍覚醒技術の説明概要

◆技術概要

植物組織を糖類水溶液中(トレハロース)に浸した状態で、0.6℃/日以下の速度で180日以上かけてマイナス55℃以下まで温度降下させる。その後解凍し、種苗として培養する。

◆処理結果

この技術を処理された植物組織を接ぎ木にして栽培したところ、成長特性、耐虫性、根腐れ耐性と耐寒性の増強が確認された。

DNAでは一切の変化が見られなかったが、RNAにおいて変化が確認された。これが上記の特性の増強につながったと推測される。